社員教育は生涯にわたる業務

社員教育は新入社員だけのもの?

社員教育と聞けば大概の方が「新入社員」を想像します。しかし本当に社員教育が必要なのは既存社員かもしれません。 新入社員のうちは企業でタイアップして様々な教育を受けますが、既存社員は仕事をステップアップさせたいと思っても教えて貰う先輩社員によって教え方は様々だし先輩社員も判っていない事があったりと「ムラ」があります。 キチンと教育出来ない事で業務の質の低下を招いてしまい、社員が育たない状況が生まれて「負」のスパイラルです。新入社員を教えるのも既存の先輩社員ですから、どれだけ既存社員教育が大事かは一目瞭然になります。 企業側がタイアップする社員教育も大事ですが、1対1の社員教育も大事です。いつ・誰に・どんな教育が必要なのか見直してみましょう。

優秀な社員ほど社員教育を求める

社員教育が必要な社員は「問題のある社員だけ」と思っていませんか?社員教育の軸にはステップアップがあり、企業理念を教えるだけではありません。 ステップアップしたい社員つまり優秀な社員は「まとも」な社員教育のない企業は自分の成長が見込めないと判断し、離職していく可能性があります。しかし社員教育の計画書・プログラム作りは人事にとって悩ましい業務です。いつ・誰に・どんなプログラムを行えば良いのか判断するだけでなく実行する事も必要になります。企業内部での教育が難しければ、外部や合同セミナー等様々な手段を講じる必要があるのです。社員が求める社員教育を提供する事も企業側に求められ、必ずしも企業側から社員へ向けた教育だけとは限りません。