社員教育は集合型研修が効果的

情報を共有できる効果

社員教員をおこなう場合には、それぞれの支店ごとにおこなうのではなくて、それぞれの支店の対象者が、本社等に一同に会して実施する方が効果的です。対象となる社員のほとんどが日ごろから同じ仕事をしているはずなのでやりとりをしている場合が多いです。知らない仲ではないために、不明点をお互いにカバーしあうことができ、より分かる内容の研修という印象を植え付けることができます。 しかも後になってわかならい点が出てきてもお互いに聞きあうことができます。集合型研修のメリットの一つはそういう点にあります。また集合して実際に会うこと自体がプラスに働きます。日常はメールや電話でしかやりとりのない相手と深く知り合える機会になり仲良くなったりできます。

似たような境遇の人が集まることによる相乗効果

また社員教育における集合研修であれば大勢の中で代表で実例をやってみたり、時として意見を求められることがあります。同社内だとしても大勢の社員の前で話すことが得意な人はそういません。そのため大勢の社員が集まった集合研修であって、いつ当てられる等といった恐怖心をもちつつも、緊張した気持ちで研修を受けることができます。 また集合研修のため、研修後にはレポートや宿題が求められることも多々あります。場合によっては提出物で順位付けをされる場合もあります。そのため仲が比較的良いもの同士が集まっていても、ライバル心を持って研修に臨むことができるようになります。似たような境遇の社員間では特にそのような傾向が表面化しやすくまじめに受講する社員が多くなります。