コンプライアンスは社員教育が決め手

求められるコンプライアンス

コンプライアンスが求められる社会になっています。近年になってブラック企業というコンプライアンス意識のない企業が問題となり、それが若年層の離職を招くなどしています。当然、このブラック企業というのは世間から見ると非常に印象の悪い存在であり、その企業への入社を望む人材が激減したり、商品購入を避けるなど好ましくない動きが生じます。 取引先からも、コンプライアンス意識が無い会社として認識され取引が終了してしまう可能性があります。このようにコンプライアンス意識が欠けているとネガティブな現象しか発生しないので、コンプライアンスを重視しなければいけません。 コンプライアンス意識の欠ける会社は、この先社会で生きていくことはできません。

社員教育で伝えるのが効率的

社員が起こしたトラブルは、その社員だけでなく会社も責任が問われます。例えば社員のコンプライアンス意識が欠けていて違法行為を行っていたとすれば、社員の懲戒処分は避けられませんが会社も適切な教育をしていたのかという話になります。 会社は、社員教育さえしておけば良いということでもありませんが、社員教育をしているか否かでは大きく違います。普段の業務の中では、コンプライアンス意識の重要性などについて詳しく話し合いができないのでしっかりと社員教育の場を設けて教え込んだ方が効率的です。最初にコンプライアンス意識を植え付けておけば、取引先が相手でも部下の教育においても適切な対応ができるので問題が発生する可能性が低くなります。